平和に安心して楽しく暮らせる社会

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大学病院も産婦人科医不足」について

<<   作成日時 : 2007/04/04 13:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大学病院も産婦人科医不足」について

医療危機の内容
「医療危機」が云われています。
関心を持って、「医療危機」を調べてみると、人と立場によって「医療危機」の内容に多少ずれがあるようです。

医療関係者の問題提起が重要
この多少のずれは「医療危機」の重点をどこに置くかの問題であって、本質的なこととは言えません。
但し、「医療危機」の解決の為には、医療関係者が現状を公表することが第一歩と考えます。
その結果、マスコミも取上げるのではないでしょうか
マスコミ報道、多少のデーター、判例及び図書情報から、医療の素人である私なりに「医療危機」を感じ、ブログ等に意見を公表しています。
しかし、マスコミや政府を動かす為には、前述の通り、医療関係者による現状公表が最も重要です。

解決に当たっての理念
「医療危機」の解決に当たっては、国民として、次のことへの配慮が重要と考えています。
 イ、必要な医療を国民が受けることが出来ること
 ロ、そのために、次の2点が重要だと思います。 
  @ 医療供給体制の整備
    ・医師の確保、医療技術の向上等々 
  A 国民皆保険の堅持
  ・保険料滞納者が受診できない状況が増加しているようです。
産婦人科医や小児科医の減少問題あるいは医療事故の刑事・民事問題等々は上記@の医療供給体制の問題の一つと見ています。
(技術屋が専門外の医療についてコメントさせていただきました。「医療危機」を私なりに感じています故一筆。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大学病院も産婦人科医不足」について 平和に安心して楽しく暮らせる社会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる