平和に安心して楽しく暮らせる社会

アクセスカウンタ

zoom RSS 「在宅医療」に投稿しました

<<   作成日時 : 2007/04/10 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

在宅医療の目的

在宅医療は、「在宅での看取り」等の患者と家族の終末期医療の希望の一形態であることが本来の姿と思います。
ところが、どうも入院日数を減らし、医療費適正化が真の目的のようです。

例え、真の目的が後者であったとして、「在宅での看取り」「終末期医療と尊厳死」は必要であると考えていますので、在宅医療の拡大は賛成です。

在宅医療の国民への説明

後者の目的であれば、コストのシュミレーションを行っているはずです。
シュミレーション結果を、医療関係者のみならず一般国民に厚生労働省は公表すべきと思います。
情報公開の時代です。
在宅医療は国民が直接関係してくることであり、経済効果を含め、分かりやすい説明が不可欠です。

在宅医療の心配

前述の通り、在宅医療の推進は賛成です。
例えトータル医療費が増加しても、「在宅での看取り」を中心とする「在宅医療」は、終末期医療の一形態として、希望者には選択できるようにすることは重要と考えます。

心配は、在宅医療はコスト削減に通じると考えたが、シュミレーションの相違で、想定ほどコスト削減効果がなく、政策を修正すると言い出すのではないかと心配しています。
次に述べるような基盤整備等に相当のコストがかかり、「在宅医療」はコスト高になると見ています。

コスト削減かコスト高かに関係なく、国民の選択肢の一つとして、「在宅医療」が必要であるとの観点から、その充実を希望します。

在宅医療のコスト・・過疎地の問題

在宅医療実現に必要な基盤整備として、必要な項目の落ちはないのでしょうか、その費用を適正に見積もっているのでしょうか
シュミレーションに不安があります。

単に「入院日数」の減による経済効果をそのまま100%在宅医療のコスト減と見ているわけではないでしょう
在宅医療に必要な基盤整備項目や整備に必要な費用を失念してないか不安があります。
例えば、在宅医療の推進に当たって、ブログで等で次の基盤整備がいわれています。
1)24時間対応のため、在宅療養支援診療所の整備
2)医療・保健・介護・保健分野の連携体制の構築
3)家族のサービス提供技能の訓練
4)医療報酬の加算
5)在宅医療に必要な住宅リフォーム
人口減少が進む過疎地での上記1)、2)のコストは相当かかると思われます。

高齢者世帯では話し相手等の「看取る」ことは出来ても、医療的な支援を期待できる家族は皆無でしょう。

決して、医療コスト削減にはつながらないのではないでしょうか。
前述の通りシュミレーションの内容を知りたいところです。
また、シュミレーションの正誤に関わりなく、国民の選択肢の一つとして、「在宅医療」の充実を希望します。

緩和ケア病床の充実

過疎地での在宅医療がコスト高になるか否か、そもそも過疎地で在宅医療が可能か否かも不明です。
但し、いずれにしても、高齢者の増加によって、多様な医療供給体制の整備が必要です。
その一つとして「在宅医療」があるわけです。
このことは、例えば「緩和ケア病床」の縮小を意味することであってはならないと思います。
両者の充実が必要です。
是非「在宅医療」の充実と病院での「緩和医療」「慢性期医療」の充実の両者を目指すように希望します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スキルアップ・資格取得に役立つ通信講座・通学講座をご紹介!!!
あなたのスキルアップのお役に立てる通信講座・スクール講座情報をお届けします。 ...続きを見る
スキルアップ!!!資格・習い事の道しるべ...
2007/04/10 20:23
風呂 住まい
風呂・住まいの役立ち情報集[住宅リフォーム] ...続きを見る
風呂・住まいの役立ち情報集
2007/04/25 09:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
べっ、べつにアンタのためじゃないんだからね!(´-ω-)♪ http://m-s.e29.mobi/
わかりません
2012/02/09 03:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
「在宅医療」に投稿しました 平和に安心して楽しく暮らせる社会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる