平和に安心して楽しく暮らせる社会

アクセスカウンタ

zoom RSS 姉歯事件と建築行政

<<   作成日時 : 2007/12/17 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

国交省が偽装当事者の立場
姉歯事件は国土交通省も深く関係する事件でした。他の省庁例えば弁護士が不祥事を起こしても法務省は第三者的に事件を冷静に判断することが出来ましたが、国交省は全く渦中の立場でした。そのために責任転嫁に奔走したと言えます。

元請責任の重要性
私たちは、姉歯問題は、一つは元請責任の明確化を徹底することが大事であると主張しました。
下請けである姉歯氏の偽装は、元請設計事務所の責任として扱う必要があります。そうでなければ経済社会は動きません。
例えば、スーパーゼネコンを信頼して発注した工事で鉄筋が少ないのは、鉄筋屋の責任として騒ぐことは有り得ません。発注前に鉄筋屋を調べてスーパーゼネコンに発注するわけではありません。
姉歯の前に、元請設計事務所の責任を明確にすべきです。姉歯は元請事務所から糾弾を受けることがあっても、マスコミや国会や社会に出る必要は全くないと考えています。

姉歯事件と緊急対応
一方、国交省が至急とるべき対応は、次の三点であると私たちは主張しました。
@ 業界を指導して、職業倫理を徹底すること。
A 偽装に対する罰則を強化すること
B 容易には偽装できないプログラムを開発すること
この三点以外のことは、建築基準法制定以降の社会経済環境の変化を充分考慮した制度設計が必要であり、拙速な制度設計は行うべきではないという主張でした。

拙速が日本経済に影響
拙速な制度設計は、「スピードの時代」に、確認審査期間を約三倍の72日間としました。
コンピューターの計算結果をダブルチェックするという時代錯誤の審査を導入しました。
おまけに、申請後の補正を認めないような、他に事例がない申請の完璧化を要求しました。その申請に対する要求の結果、また大混乱が生じました。
その結果が日本の経済成長に影響するような、事実、中小零細企業、職人は仕事の激減で倒産が増えました。
恐ろしい、拙速行政のつけです。
今は眼に見える国民にも分かる影響ですが、今後建築士試験の内容や受験資格等々分かりにくいところで深刻な影響が生ずるでしょう

気の毒な取壊し住民、ホテル経営者
国交省は、保有水平耐力比0.5未満の建物は、震度5強の地震で倒壊すると断定し、退去と営業の禁止、建物取り壊しを要求しました。
今、この国交省の倒壊するという断定と取壊し要求の是非が問題となっています。
保有水平耐力比が1.0以上あれば想定した地震で倒壊する確率は少ないでしょうが、
0.5以下で倒壊するとは言い切れません。
他の高度な計算によって検証して総合的に判断すべきです。
単に一つの計算方法によって倒壊と決め付けた国交省は,姉歯の偽装と同等以上の罪深いことをしたこととなります。
真に、建替えたマンションの住民やホテル経営者は気の毒だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
知らない人が聞いたらきっとこう思うに違いない。日本の政治家やお役人は、司法の判断をとても大事にする
「コラム:紹介」-------------------------- 知らない人が聞いたらきっとこう思うに違いない。 日本の政治家やお役人は、司法の判断をとても大事にする 人たちだと。薬害C型肝炎で、患者一律救済の 政治決断を避けた言い訳 http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20071222AS1K2100722122007.html -------------------「日経新聞 春秋 H19/12/23」 春秋(12/23) ... ...続きを見る
SFD :SuperFamily-Den...
2007/12/23 10:37
アメリカの血液学会:ビスフォスフォネート製剤の治療を受けた骨髄腫患者さんの顎骨壊死
「紹介」骨髄腫セミナー2005講演録:2005年11月13日に京都で行われたセミナー 海外の最新情報 世界の骨髄腫関連学会からの報告 名古屋市立緑市民病院 清水一之先生 http://www.myeloma.gr.jp/mm/seminar/kyoto05/html/shimizu/shimizu_frm0.html ...続きを見る
SFD :SuperFamily-Den...
2007/12/29 19:30
年末年始の体重増加に打ち勝つ方法
「紹介」年末年始の体重増加に打ち勝つ方法 食べ物を無理強いする人から食欲をそそろうとする仲間まで、年末年始の食事の誘惑に打ち勝つ方法をご紹介する。 Colette Bouchez:WebMD Medical News やっと体重管理に成功したと思ったら、食べ物がそこらじゅうに溢れる年末年始である。オフィスから工場、事務用品店からドラッグストアまで(パーティーや家庭のイベントの多さは言うまでもない)、感謝祭から新年にかけての連休シーズンはまるで私たちを太らせようとするかのよう... ...続きを見る
SFD :SuperFamily-Den...
2007/12/31 08:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姉歯事件と建築行政 平和に安心して楽しく暮らせる社会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる