平和に安心して楽しく暮らせる社会

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京拘置所 アムネスティの見学会に参加 1

<<   作成日時 : 2013/02/11 21:38  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

周辺には配慮
刑務所なんかでお馴染みの、周辺と隔絶する高い障壁は有りませんでした。
地元の要望で、高い壁はなくしたそうです。
地元の要望を取り入れたことは街づくりの観点から評価できます。
また、高層化に伴い拘置所建物から周辺建物への視線にも配慮した設計ディテールを採用していました。

画像


ヘリポートがある
災害時や緊急時には地元の住民も利用できることも考慮した屋上ヘリポートを設けています。
高い壁の撤去、視線の配慮、地元民も利用できるヘリポート・・・・
このような地元への配慮と共存の考えは感心できます。
ただし、地元住民がヘリポートを使うケースをなかなか想像できませんでした。

面会室は50室
3000人収容能力があるところで、面会室は僅か50室では不足でしょう。
だから、先ずは設備的に、弁護士の接見も家族の面会も制約を受けます。
加えて、運営上の制限が多いようです。

弁護活動や家族との交流を自由にできるように、もっと面会室を増やすことです。
屋外でも面会や交流ができてもよいだろうと思います。
特に時間制限をなくす必要があるように感じました。
つまり、せっかく来ても会えないとか、極めて短時間の面会時間と言う現状は改善が必要です。
面会と接見フリーの運営が必要と思いました。


次のブログに「病院施設」「拘置所の生活」「定員の6割の課題」「新しい拘置所のあり方」を予定します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
東京拘置所 アムネスティの見学会に参加 1 平和に安心して楽しく暮らせる社会/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 22:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京拘置所 アムネスティの見学会に参加 1 平和に安心して楽しく暮らせる社会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる